目指せ経済的自由!サラリーマン大家に学ぶ不動産投資の始め方

【不動産投資で資産を構築した横浜大家のブログ】初心者サラリーマンでも失敗しない不動産投資とアパート経営の始め方をお伝えします

不動産投資

いつまでも売れ残る収益物件「低利回りさらしもの物件」とは!?

更新日:

3cbceb7275c7661c855d629a892f5b2c_s

サラリーマン大家が不動産投資で成功をするためには、戸建て・賃貸併用住宅・借地物件・1棟物アパートやマンション・ビル等をいかに割安で購入できるかが最も重要なポイントです。
スポンサーリンク

 

しかし昨今の不動産投資ブームで、収益アパート・マンション物件は非常に割高になってきいる。

 

現在の不動産市場は、完全に売り手が強気な値段設定しています。

 

売り主有利な不動産市場。

 

 

ネットで不動産ポータルサイトを眺めていても、超低利回りでキャッシュフローの出ずらいアパートやマンションが軒を連ねています。

 

6%・7%前後の低利回り、積算評価もなく信用棄損を起こす物件は、購入層は一般の不動産投資家ではありません。

 

1棟物アパートやマンションの利回りが、5~7%なんていう物件は、都内や大都市であれば理解出来ますが、地方のぱっとしない立地でこの超低利回りではそうそう売れません。

097561

最初から儲かる事を目的としない、節税目的で購入する方もいるとは思うが、それでは一般の不動産投資で資産形成を夢見るサラリーマンとは、目的が違うものであり、利益を追求する不動産投資とは言えない。

 

こういったアパートやマンションをそのままの販売価格で購入すると、利益が出ないばかりか、反対に赤字になって自分の財布から出費することにもなりかねない。

 

属性や資産背景の良い、富裕層や大企業のサラリーマンであれば、低利回りの物件は購入できるが、銀行からは信用棄損を起こし、資産より負債が多い債務超過状態の陥り、資産拡大は望めません。

 

 

売主は、不動産投資ブームを利用し無知で勉強をしない購入希望者(カモ)を見つけ、ぼったくり価格で売れたらラッキー!か、大幅な鬼の差し値を想定しての高めの設定か、残債の事情・個人的事情等によるものか、、、、、

 

 

しかし、今の物件購入希望者もネットからの情報収集や知識がありますので、普通一般に勉強をしている方であれば、低利回りの物件を購入したらどういう結果になるか想像がつく。

 

低利回りの物件は、半年・1年と売れ残っており、インターネットを通して日本中に「さらしもの物件」としてお披露目される。

141110

不動産投資に限ったことではないが、あまり欲をかきすぎると、相対的にに大損することが多々あります。

 

いつまでも強気相場は続きません。

 

そういう方がいるからこそ、反対に儲かるチャンスがあるのですが、強欲は大敵です。

 

なんでもそうですが、ほどほどに実りあるものにするのが無難です。

 

そして「さらしもの物件」は、近隣の不動産業者から何年も売れ残り物件として周知され、欲の皮の突っ張った売主の物件価格設定の間違った物件として、失笑の的とされ続けることと感じます。
スポンサーリンク







不動産投資で資産を形成する方法

1

  不動産投資は地主や資産家がするもので、多額の融資が必要なこともあり、敷居も高く「自分にもできるのか?」というイメージもあるのではないでしょうか?   購入金額も一般的な小ぶりの ...

2

  不動産投資のメリットデメリットを理解し、机上の知識を得たとしても「百聞は一見にしかず」的なところがあります。   実際に行動に移さなければ意味がありません。   一番 ...

3

  不動産投資の始め方として、一連の流れと手順を紹介させて頂きます。   その前に絶対に失敗だけは避けて頂きたいために、「覚悟がない方」・「相続対策でのアパート経営」を検討している ...

-不動産投資

Copyright© 目指せ経済的自由!サラリーマン大家に学ぶ不動産投資の始め方 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.