目指せ経済的自由!サラリーマン大家に学ぶ不動産投資の始め方

【不動産投資で資産を構築した横浜大家のブログ】初心者サラリーマンでも失敗しない不動産投資とアパート経営の始め方をお伝えします

不動産投資

アパート・マンションの返済比率は超重要!?

更新日:

2fd5fc65e03baf4224fe0648420ba1f1_s

ほとんどの不動産投資家は、アパートやマンション投資をする上で一部のお金持ちを除き、金融機関から多額の融資を受けます。

スポンサーリンク

 

また、自己資金の少ないサラリーマン大家さん等は、出来る限り自己資金を抑えて融資を受けなければ、アパートやマンションを購入した後の、突発的な修繕やリフォーム・トラブル等の大きな出費に対応できず、運営が困難なものにってしまいます。

 

 

健全なアパートやマンション運営のため、出来る限り金融機関からは、融資期間の長期借り入れと返済利息の交渉をしなければなりません。

 

 

そこで、アパートやマンション等のを収益物件を購入する際の、一つの重要な目安が返済比率130595

 

あなたの預金通帳に、入居者さんからいくら現金が入って出ていくのか、そして手元にいくら残るのかが、重要になります。

 

 

サラリーマン大家さんの多くが気にしている、返済比率、、、、、

 

 

アパートやマンションの物件によって収益性がまったく異なるので一概には言えませんが、最低でも返済比率は、60%までに抑えとくべきです。

属性により融資額、返済期間、金利はまったく異なりますが、、、、、目安として、

 

 

返済比率0~30%  超優良な物件

ハイレベルな不動産投資家や資産家が購入できるレベル、普通の方は出会えない物件

 

 

返済比率30~40%  優良な物件

なかなか市場に出ない物件、洗練された不動産投資家が出会える、作る!?物件

 

 

返済比率40~50%  良好な物件

サラリーマン大家さんがの多くが該当している返済比率

 

 

返済比率50~60%  普通一般に出回っている物件

新築や築浅であれば良好、中古であれば厳しい返済比率

 

 

返済比率60~70%  購入を見送るべき物件

無理して購入しない方が、反対に良いレベルの物件

 

 

返済比率70~100%以上 購入してはいけない物件

反対に持ち出しやデフォルトに陥る物件!

 

 

返済比率が60%以上は不動産投資として旨みのない物件が多いので、無難に物件購入は避けるべきです。

 

 

アパートやマンションそれぞれに、資産価値や諸条件(立地、築年数、構造、戸数、家賃、需要等)が違いますので決めつけられませんが、今まで見てきたサラリーマン大家さんや資産家の賃貸経営状況からの目安になります。
スポンサーリンク

 







不動産投資で資産を形成する方法

1

  不動産投資は地主や資産家がするもので、多額の融資が必要なこともあり、敷居も高く「自分にもできるのか?」というイメージもあるのではないでしょうか?   購入金額も一般的な小ぶりの ...

2

  不動産投資のメリットデメリットを理解し、机上の知識を得たとしても「百聞は一見にしかず」的なところがあります。   実際に行動に移さなければ意味がありません。   一番 ...

3

  不動産投資の始め方として、一連の流れと手順を紹介させて頂きます。   その前に絶対に失敗だけは避けて頂きたいために、「覚悟がない方」・「相続対策でのアパート経営」を検討している ...

-不動産投資

Copyright© 目指せ経済的自由!サラリーマン大家に学ぶ不動産投資の始め方 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.