目指せ経済的自由!サラリーマン大家に学ぶ不動産投資の始め方

【不動産投資で資産を構築した横浜大家のブログ】初心者サラリーマンでも失敗しない不動産投資とアパート経営の始め方をお伝えします

リフォーム対策

アパート経営のリフォームトラブルは日常茶飯事!?

更新日:

cdce98519c99f356f2404a11491ac46b_s

アパートやマンション経営をするうえで、リフォーム工事は必要不可欠なのですが、悩ましいことにリフォームに関するトラブルが多いです。
スポンサーリンク

 

長年サラリーマン大家さんとして賃貸経営をされている方は、

リフォームに関するトラブルを体験しております。

 

 

体験をされていない方は、現場をよく確認していないか、丸投げでリフォーム工事を、放置しているかのどちらかです。

何かしら工事に関する疑問や問題、トラブル等を経験しています。

 

 

そんな中、リフォーム工事の現状と言えば、国民生活センターよると、リフォームに関する相談やトラブルの件数が2013年に過去最高を記録しました。

 

 

そしてこのリフォーム工事トラブルは、2014年も引き続き、前年同期比で約30%の増加になっています。

 

 

リフォーム工事に関わるトラブルは、TVやニュース等に取り上げられてるにも関わらず、一向に減少する傾向にはありません。

 

 

なんでリフォーム工事のトラブルがこうも多いのか、、、、、

 

 

リフォーム工事トラブルの原因

リフォーム工事をするには、資格や免許を必要でなく誰でも簡単に出来るため、知識や技術のない低レベルの業者が参入している。

 

契約通りの工事をしない、平気で嘘をつくモラルの欠如したリフォーム業者が多い。

 

悪徳業者は、工事単価が高いことを利用し、リフォーム工事の見積もりを、相場より高い金額で吹っ掛けてくる。

 

悪徳業者は、見積もりを読めない素人をターゲットにしている。カモネギ状態。

 

追加工事が必要として、タケノコ詐欺のように、更に工事代金を巻き上げようと試みる。

 

 

国民生活センターの最近の事例

  • 訪問販売で、戸建住宅の外壁塗装工事を依頼した。しかし、請求金額がメーカーの設定価格より2倍以上と高額で納得できない。減額交渉は可能だろうか。

 

  • 訪問販売で雨どいの清掃を契約した。その際に、屋根工事等を勧められ契約した。その後、書面の内容に不安な点があり、クーリング・オフをしたが、業者から書面の受け取り拒否をされた。今後の対応方法を知りたい。

 

  • 火災保険を利用した屋根工事の契約を勧められ、保険申請の委託契約をした。その後、業者は契約解除に応じたが、本当に解除できたのか心配だ。

 

  • 母が経営する自宅兼アパートの外装工事を業者に発注した。契約書がなく、工事内容が曖昧なので心配だ。クーリング・オフできるか。

 

  • 「大雪による屋根の修理は保険金を使って工事できる」と業者に言われ、「誓約書」にサインをした。だが保険金額は業者の見積額の半額なので解約したい。

 

  • 来訪したリフォーム業者に中古住宅の屋根工事の見積もりを依頼した。申請書に勝手に名前を書くなど、業者に不審を感じたのでやめたい。どうしたらよいか。

 

  • 屋根と外壁の塗装工事を依頼した。約束通りの塗装をせず、仕上がりも悪くてやり直しばかりして、工事が終わらない。減額して欲しい。

 

  • 給湯器の不具合を直してもらう際に、併せて塗装工事と屋根工事を勧められた。後日、見積りを持参した事業者に即決を迫られ、契約し一部代金を支払ったが、高額なので解約したい。

 

  • 見積もりが無料の業者に、屋根瓦の葺き替え工事の見積もりをとった。高いのでやめたら見積もり料の請求を受けた。支払う必要はあるか。

 

  • 母が屋根のリフォーム工事を依頼した業者が倒産した。リフォーム後に雨漏りが発生し、直らないならば契約代金を取り返したい。どうしたら良いのか。

スポンサーリンク

 

サラリーマン大家さんの事例

1 工事が全く行われていない

2 手抜き工事がされた

3 違う商品や部材が納品されている

4 クロスの型番やふすまの柄が違う

5 工事をする位置が違った

6 工事をしたことによって、まったく関係のない他の設備が壊れた

7 工事業者が大量に抱えている、センスのない材料を勝手に使用された

8 仕上がりが悪い、技術不足、素人並みの施工

 

 

このようにリフォーム工事に関わるトラブルは日常茶飯事でありますので、業者に全てを任せるということは、非常に危険なリスクを伴います。

 

 

そうしないためにも、施主が工事内容をしっかり吟味・精査したうえで書面にて契約し、リフォーム工事の現場に立会いチェックをする必要性があります。

 

 

この施主である大家さんは、「細かくて、うるさそうだな」等の印象やイメージを、業者に与えた方が無難です。

 

 

そして現場の施工状況を、各工程別で写真撮影もしていた方が良いです。

 

 

そこで起きている問題や疑問はそのままにせず、契約書を片手に事実と違うことを告げ、毅然とはっきり「おかしいこと、具体的にどう工事をすすめるのか?」を確認し、改善されなければ工事金額は払う必要はありません。

 

 

市役所のリフォーム相談窓口でも工事内容と違うものであれば「お金を払ってはいけません!」とアドバイスもしたりします。

仕上がりが悪くても工事は一応していますので、最終的に全く工事代金を支払わないのは駄目ですが、、、、、

 

 

事実と違う訳ですから、工事内容が違えば契約した金額も変わります。

 

 

相手業者から具体的にどうするのかを要求し、工事をやり直させるか減額を要求するか等も検討をし、工事を完了させなければなりません。

 

 

また、話にならない業者については、市役所のリフォーム相談窓口や、関係工事業者の団体へ相談することをお勧めします。

 

 

それでも解決出来ない場合は、最終手段ですが訴訟しかありませんね。

 

一般の方が訴訟を起こすには、時間とお金、労力を要し精神的にも負担が大きいデメリットもありますので、出来ることなら避けたいとこです。

 

訴訟額が60万円以内であれば小額訴訟

 

訴訟額が60万~140万円であれば、簡易裁判所

 

訴訟額が140万円以上であれば、地方裁判所

 

総合的に判断し決断しなければなりません。

 

 

素敵なリフォーム工事を望んでいたにも関わらず、思わぬフォームトラブルに巻き込まれる昨今です。

 

 

リフォーム工事で気を付けなければならないことは、業者の話は鵜呑みにせず、自分自身で現場に足を運び、適切に工事を進めているか入念にチェックする必要性があります。
スポンサーリンク







不動産投資で資産を形成する方法

1

  不動産投資は地主や資産家がするもので、多額の融資が必要なこともあり、敷居も高く「自分にもできるのか?」というイメージもあるのではないでしょうか?   購入金額も一般的な小ぶりの ...

2

  不動産投資のメリットデメリットを理解し、机上の知識を得たとしても「百聞は一見にしかず」的なところがあります。   実際に行動に移さなければ意味がありません。   一番 ...

3

  不動産投資の始め方として、一連の流れと手順を紹介させて頂きます。   その前に絶対に失敗だけは避けて頂きたいために、「覚悟がない方」・「相続対策でのアパート経営」を検討している ...

-リフォーム対策

Copyright© 目指せ経済的自由!サラリーマン大家に学ぶ不動産投資の始め方 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.