目指せ経済的自由!サラリーマン大家に学ぶ不動産投資の始め方

【不動産投資で資産を構築した横浜大家のブログ】初心者サラリーマンでも失敗しない不動産投資とアパート経営の始め方をお伝えします

プロフィール

モルジブ

横浜大家のプロフィール

「金なし」「コネなし」「スキルなし」

ブラック企業で働く万年平社員がゼロから資産を形成するまでの道のり。

初めまして横浜大家と申します。ブラック企業で勤務する、ごく平凡すぎる普通のサラリーマンです。朝は早朝から深夜まで、残業代も出ない過酷な労働環境下で働き、労働基準法なんて関係のないブラック企業で勤務しています。

 

「労働時間は無限大」「少人数での限界値を超えた業務処理」「怒号飛び交う言葉の暴力!精神的圧力が交差する職場環境」「年々増え続ける、生産性のない無意味にひとしい仕事ばかり」とにかく業務多忙でストレスが蓄積されるばかりです。

 

まともにやっていたら、お昼休みに休憩なんかできません。昼食も口の中に食べ物を流し込むか、何を食べているのか分からない状態にもなります。頭はさながら「パルプンテ状態!?」。

 

負の連鎖が止まらない、古い体質を変えることができない、旧石器時代のような会社で身を粉にして働いています。「一日の大半をロボットの様に働くだけの日々」「このまま奴隷の様に働いて、何か得られるものはあるのだろうか」時間と歳ばかりが過ぎ去り、このままでは「思うような理想の人生」は絶対に叶わない悲しい現実しかありませんでした。

 

将来性のない職場に嫌気がさし、「自分自身の力だけで生き抜く力が必要」があったのです。このままでは明るい未来もなく「会社に殺される」思いと負の原動力をもとに、「金なし」「コネなし」「スキルなし」の状態から、普通の会社員が不動産投資で資産を形成する事となりました。

スポンサーリンク

横浜大家のプロフィール概要

ねこ

【ハンドルネーム】 横浜大家

【活動地域】 横浜周辺(昼行性)

【性格】 おとなしい性格

【職歴】 幼少期に母の新聞配達のお手伝いからスタート

時給500円 コンビニのアルバイト(搾取?)

日給3000円 トラック運転手の助手

時給700円 レストランの皿洗い

時給700円 町工場で部品の生産

時給800円 ユニクロのファッションデザイナー!?

時給700円 ラーメン屋の接客

日給9000円 交通誘導員の旗振りアルバイト

社会人になってからはサラリーマン業一筋。

【趣味】 投資、ビジネス、温泉旅行、映画鑑賞、読書

【目標】 心穏やかに過ごせる精神的・経済的安定の追及

【死ぬまでにやりたい事】

漫画本をまた読みたい
三国志(筆者横山氏)、ジョジョシリーズ、今日から俺は、カメレオン、エリートヤンキー三郎、蒼天航路、ハンターハンター、キングダムなど

ゲームをやりたい(PS・任天堂など)

ディズニーランドを堪能すること

フルマラソンにチャレンジすること

自分専用のミニ映画館をつくること

47都道府県巡り・日本一周(車か自転車)

世界一周

心穏やかに笑顔のたえない日々を過ごすこと

随時アップ中

 

はじめに

経済的自由を得るため、金なし・コネなし・スキルなし、何もないゼロの状態から、これまで数々の投資や副業・ビジネスに手を付けてきました。

 

そして数々の失敗の末、もがきあがらい辿り着いたのが「不動産投資」。不動産投資という未知の分野は、「楽して投資が出来る!」という、思い描いていたものと違いました。理想と現実は違うもの、甘くはありません。

 

実際に体験し経験してみないと、賃貸経営は分からないことだらけです。楽しい半面、苦しいことも多々ありますが、初心者の方でも資産を形成することができる不動産投資の始め方を、このブログでお伝えします。

 

こんな会社は嫌だ!仕事とはあきらめの極致

サラリーマン大家として、妻と子供を養う一般的な会社員です。勤めている会社は、手当の出ない過酷なサービス残業と上司の怒号や罵声は当たり前の厳しい勤務環境。

 

労働基準法違反から始まり、暴行・傷害・窃盗・横領・詐欺などの不祥事もあるブラック企業でもあります。社会的問題になっている、パワーハラスメントで精神を病んだこともあります。怒号と罵声を浴びせられ、書類を破り捨て・叩きつけられた日々を過ごし、精神的不安定とうつ状態にもなりました。

 

そこには未来的思考や人を育てる愛情的叱責というものは皆無。ただ単に自己制御の出来ないストレス発散、自己満足の叱責でしかありませんでした。ぼろ雑巾の様に、心をズタボロにされる人間の気持ちなんて、どう映るのかさえ全く考えない。

 

それが普通なのでしょうか?

 

私にはそう感じる事は出来ませんでした。会社は社会の縮図ですが、「言葉の精神的暴力」という行為は、あってはならないもの。100%「百害あって一利なし」、マイナス面しかありません。

 

自分の会社だけでなく、どこの会社にも「一線を越えた人間」という者はいるものです。会社にいる限り「付き合いたくない・できるだけ関わり合いたくもない人間」とも、前向きに向き合ってプロジェクトを進めなければなりません。

 

上司や部下は選ぶことも出来ません。組織で生きていく限り「嫌な人間関係は避けて通れない多大なストレス抱える宿命」があります。

 

どんな相手も、自分の都合に合う様に変えることもできません。自分自身が変わらなければならない必要があるのです。自分自身が変わらなければならない、「誰にも頼らない」、組織の力に頼らないで自分の力だけで生き抜く必要があるのです。

 

 働きずめの毎日!人生に意味はあるのか!?

サラリーマンとして毎日朝5時に起床し、満員電車に揺られ、深夜遅くまで身を粉にして働いてきました。

 

勤務時間は、午前8時~午後5時までと職業規則はうたっておりますが、実際は残業だらけの過酷な勤務環境。昼休みの休憩時間も、仕事に追われゆっくりと休むこともままなりません。お昼に食べる愛妻弁当も、口にかき込む様に入れるだけで、味わって食べる事も出来ない。

 

そして定時になっても、一人で業務をする量とは考えられない程の膨大な仕事量のため、帰宅をするのが深夜になることもあります。

 

また休日もありますが、処理しきれない膨大な仕事のせいで、残務処理に追われ、休日出勤をする羽目にもなります。もちろん休日出勤をしたとしても、残業手当と振替の休みも付きません。大切な休日は、仕事のせいで家族と一緒に余暇を過ごすことも叶わず、体力的・精神的に疲弊をする日々を過ごすことにもなります。

 

「働き尽くめの忙しい日々を過ごす毎日、本当にこれで良いのだろうか?」

「仕事をするために人生があるのだろうか?それともこれが普通なの?」

「なにやってるのかなー、おれは、、、、」、「悲しい、ほんとうに悲しい」思いしかつのりません。

スポンサーリンク

人生において限りある、二度と戻らない貴重な時間は、家族と過ごすべきもの

過去の自分がそうであったから言える事です。

 

人生は楽しくなければ意味がない

 

ただがむしゃらに一生懸命に仕事をし働いても、将来性はあるのか?このまま継続して行けばどうなることでしょう。果たして自分が考える「楽しくおもしろおかしい、幸せな人生」を送ることは出来るのか?

 

答えは、先輩や上司をみれば分かります。

 

「完全にNO!です。」

 

理想はそこにありません。

 

会社のために身を粉にして働くことは、悪いとは思いませんが、ただ、あまりにも、、、、、頑張れば頑張った分の努力が報われない

 

そして、職場の人間関係と言えば、足の引っ張り合い・悪口や陰口・ライバル同士の出世競争などうんざりするばかりです。サラリーマンとして長年勤務し、「気がつけば定年になっていた」、そんなサラリーマン人生は自分が思い描くものではありません。

 

このまま馬鹿まじめにサラリーマンを続けてもその見返りは?

 

「退職金、地位、名誉?」

 

本当に貰えるか分からない、手厚い厚生年金?事実上破綻しているから充てにはしていません。

 

「そんなもの欲しくもない」、働くだけの日々に疑問と失望感しか湧いてきません。そんなサラリーマン人生を、幸せと感じることはありません。

 

自己犠牲にうんざり!もっと自分に素直に生きるべき!

高度経済成長やバブル期を経験した年配者達は、会社に身を捧げる事こそが、自分のためにもなりサラリーマン人生の宿命と思うのではないでしょうか。

 

しかし、バブルに酔いしれ恩恵を受けた世代と、経済的に好景気を味わったことのない世代では、温度差が全く違うのです。彼らは、会社からの手厚い退職金や厚遇な厚生年金が予定され、もう既にゴール・出口が見えています。

 

しかしこれから日本を支えていくサラリーマンの大半は、厚遇な福利厚生や年金の恩恵にあずかるのは、困難な状況です。

 

十人十色、人それぞれ多種多様な考え方があります。日本の風習で悪いと感じるところは、「周囲と同じ行動や思考を持つべき」こと。レールから外れるような行動をすると、理解をされず不思議に思われて、村八分にされることもあります。

 

確かに、協調性と調和は非常に大切です。しかし自分の思い通りに人生計画を立て、「有意義な人生」を過ごすためには、自分というものを持たなければなりません。

 

ただ単に、生活の糧を得るために働くだけでは、意義をみいだす事は難しい状況でしかありません。

 

「誰のために生きるのか?」

 

親兄弟・周囲が望む人生でなく、自分自身の願望が叶う将来が最優先なのです。

 

周囲はガッカリすることもありますが、「ただガッカリするだけ。」

 

とどのつまり何もしてくれないし、できません。心配はしてくれますが、それ以上でもそれ以下でもないのです。

 

会社で一生懸命に頑張っても無駄!将来の保証はしてくれない

会社は、一個人の二度と戻らない貴重な時間や労力を費やしても、安定というものを保証してくれることはありません。

 

そもそもサラリーマンに安定というものは存在しない。安定なんて夢幻のごとく。

 

「はたらけどはたらけど猶わが生活楽にならざりぢっと手を見る」状態でもあります。

 

会社に依存する姿勢や期待をすることは、リスクもあり危険をはらんでいます。業績が悪化すれば、給料に影響が出てしまい、昇給もなく減額もされたりします。また、諸手当の減額や廃止、ボーナスの減額も同時に行われる事もあります。

 

組織の末端の人間が不平不満を言っても、馬の耳に念仏状態。長年勤め上げても、リストラに近い早期退職勧奨もあり、退職でもすれば働き盛りの50代で、また一から就職先を決めなければならない事もあります。

 

サラリーマンとして、仕事が安定しているだけましなのかも知れませんが、会社の業績によりいつ自分がお荷物の烙印を押されるか、気が気でもありません。リストラ予備軍、「明日は我が身」と弱肉強食であり、厳しい世の中の環境にさらされているます。

 

人を大事にするような会社で働くことが出来れば幸いですが、消耗品程度にしか考えない会社も少なからずあるのです。

 

自分の人生は、自分で100%コントロールするべき!

会社に将来性を見込むことが難しいため、本当に自分や家族のために理想となる将来設計が叶えることが出来ないか、常日頃悶々と日々を過ごしていました。

 

そんな折、衝撃的な運命であった、一冊の本。

 

ご他聞にもある、ベターなロバート・キヨサキさんの『金持ち父さん 貧乏父さん』です。

 

この本に出会うまでは、日本人の典型的な考えである、

 

「金儲けは、悪いこと」

 

「お金の話は、品性がなく卑しい」

 

として、子供のころから社会で教え込まれてきました。

 

結論としては、それは間違っている!

 

何でこう世の中の人達は、お金に苦労し続けているのか?断言しますが、「間違ったお金の教育を、家庭と社会から受けているから」です。

 

他人の前でお金の話をすると、トラブルに見舞われることもありますが、家庭の中では積極的にお金について真剣に議論し意見を交わすべきです。

 

一生付き合う事になる、「お金について目をそらしてはいけません。

 

お金の使い方を間違えると、お金に一生つつきまわされることになります。そして「金持ち父さん・貧乏父さん」をきっかけに、お金について、もう一度見直そうと決めました。

 

不動産投資への出会いとチャレンジ!

そうは言っても、なかなか具体的行動に移すことは出来ませんでした。「何からスタートすれば良いのか分からない」のです。

 

不動産投資をはじめ、株・FX・投資信託・ゴールド・外貨貯金・先物など、投資で失敗をした苦い経験もありますから慎重になるのです。お金について真剣に考え、人生につつきまわせられないためには、どうするべきか、、、、、もがきあがらい考えました。

 

そしてラッキーなことに、幸運が舞い降りたのです。先輩が不動産投資を始め、いくつもの不動産を所有し、家賃収入という第二の収入源を得る事に成功したのです。私の不動産投資のきっかけは、先輩のおかげで今日があると言っても過言ではありません

 

先輩から不動産投資について熱く語ってもらい、「今度の入居者さんは、学生なんだよねー」と、顔写真の入った入居申込書を見せて頂いたり、リアルな賃貸経営を学ばせて頂きました。

 

始めは「敷居はそんなに高くないのかも、自分もチャレンジしてみたい」というのがスタートです。実現者からの具体的な、リアルガチの「不動産投資の生の声」で、見える世界が一変したのです。

 

そして、経済的自由を獲得するため、不動産投資に関する、書籍・DVD・セミナー・先輩サラリーマン大家・コミュニティ等に参加し、勉強に取り組みました。

 

そして、念願の収益物件を所有することができ、毎月家賃収入を得ることができるようになったのです。預金通帳の収入の欄には、今まで見たことのない給料以外の家賃収入の金額が、入金・印字されています。

 

入金され、当たり前のことなのですが、「おっー!、本当にお金が振り込まれている」会社組織の力・バックボーンではなく「100%自分の力だけで得た収入は爽快です。会社の給料以外から、収入を得たことによる爽快感は格別でした。

 

普通のサラリーマンでも、現実的に出来た思いと、今まで経験した事のない、嬉しい高揚感と達成感を得る事ができたのです。不動産投資を始める前には、想像もつかない夢の様なことが現実となりました。

 

これで会社という組織から離れても、安定的な家賃収入が確保されていれば、私の家族は路頭に迷うことはありません。

スポンサーリンク

思考は現実化する!

収益物件の家賃収入により、経済的に不安を取り除くことができ、家族の生活の安定は保たれました。

 

そして現在は、毎月決まった期日に家賃収入が振り込まれているか、通帳を確認しています。アパートローンの完済目標は定年前です。

 

国からの年金は当てにはしていませんが、老後は「家賃収入と年金というお小遣い」付きの生活が送れることを見込んでいます。気持ちが先行していますが、まだ見ぬ将来の孫に、資金的援助も考えています。

 

より良い人生を送るためには、複数の収入源の確保は必要です。

 

初めは敷居が高そうに見える不動産投資でしたが、先輩からのアドバイスを始め、セミナーやコミニティ、生のサラリーマン大家さんに出会い、話を伺う事によって、不安は少しずつ取り除くことができました。

 

始めの一歩は、実際にそんなに難しいことでもありません。何が難しいのか、、、、、、

 

行動ただこれだけです

 

簡単そうに見えて難しい、難しそうに見えて簡単なところもあります。私を含め皆さんが抱えている、一番重要な問題と考えます。

 

自分の将来の姿を、10年後、20年後の先、、、、、、を考える必要があります。

 

宴会の席などで、エンドレスに「また上司の○○が現実味のない事を言って困る」と愚痴を言っているのか、それとも「自分のビジネスを見つけ、行動に移し、明るい未来的思考や計画」を考えているのか、選択をするのは自由です。

 

何も想像しない・行動しないのであれば、そのまま今の人生を歩むことになります。しかし、今の自分の現状を変えたければ、行動をすることを強くお勧めします。過去の自分が「迷える子羊」であったから言える事です。

 

以前の現実が、嫌で嫌で仕方なかった!必然的にあるべくしてなった

一生に一度しかない人生を、愚痴や言い訳ばかりして、ラットレースのように同じことを永遠と繰り返したくはありません。

 

自分がやりたいことも、お金がないばかりに諦めたり、精神的・体力的にも苦労をかけたくもないです。今持っている「お金や考え方一つ」で、不動産投資は出来ますし、お金に関する苦労も回避することが可能です。

 

不動産という資産を、子供の代へ継承することも出来ます。不動産投資をしていれば、子供から「お父さんどこ行くのー、また物件!?」なんてこともあり、不動産投資が身近なものにもなっています。

 

子供に対して将来的に「不動産投資=ビジネス」という感覚を肌で感じ取ってもらい、興味を抱いて将来に活かして貰えれば自主自立の糧に役立つものと感じます。

 

平凡なサラリーマンでも、ゼロから不動産投資を始め、資産を形成することが出来ました。不動産投資が全てではありませんが、「何をするのが自分にとってベストなのか」、自分自身に合うものを探すべきです。

 

他力本願はだめ!自分自身に100%依存する心構えが重要!

不動産投資については、ダークな部分が多々ある怖い恐ろしい世界です。しっかりと勉強し知識をつけなければなりません。また「業者の闇というものは、こういう事だったんだ」と、経験を積んでいく上で、理解する事もあります。

 

基本当たり前ですが、「誰も助けてはくれない!」ので、頼りは自分自身の知識と経験、努力だけです

 

100%自分に依存する気持ちと心構えが必要

 

くどいようですが、現状を変えられない人は、ただ単に行動に移さない人だけです。しいて言えば「行動を移す必要のない人」になります。年収1000万以上の高収入のサラリーマンやお金持ちなど、現状に満足している方など。

 

不動産投資と賃貸経営は、誰にでもできるものではありません。向き不向きや性格的なものもあります。「自分には合うけど他の人にはどうか?」という点も重要です。

 

不動産投資セミナーで、40代前後の普通のサラリーマンが大家さんデビューをしている光景を、多々見かけます。不動産投資を始める敷居は、そうは高くはないと言う事です。

 

その後の賃貸経営が上手くいくかは、その人の大家力や努力次第です。その努力も会社で味わう様な、血のにじむ勉強や労力等の頑張りようが必要かと言えば、そうでもありません。

 

例えば「先輩からのアドバイス、書籍、セミナー、DVD」などから始まり、今に至っています。また、絶対に不動産投資を良いとお勧めする訳でもありません。投資のメリットの裏には、最悪破綻した大家さんまでいるからです。

 

投資や副業、ビジネスは様々ありますので、自分に合うものをチョイスすべき。サラリーマンだけのお給料、「ひとつの収入源に頼ることはリスクがある」という事です。

 

これからの時代は、不動産投資を始め複数の収入源確保についてしっかり勉強しなければ、お金の掛かるご時世(衣食住、養育費、趣向品、医療費、老後資金など)で苦労することになります。将来自分がこうなりたいと思う、幸せと思える将来を想像するため、行動に移す必要があります。

 

ブログを運営しようと思った根底にあるもの

この不動産投資ブログを運営しようと思ったのは、「不動産投資は魑魅魍魎な世界であり恐ろしい世界でもある」と言う事です。

 

一歩間違えば自己破産もなり兼ねないのが、不動産投資です。中には知識がない素人を相手に、知らない事をいい様に食い物にする不動産業者までいます。

 

これ以上、失敗者を増やしたくはない!」という思いがあります。

 

「本当にやばい」、しかも泥沼にはまっていることにすら気付いてない

 

例えば、賃貸需要のない地域に、大手ハウスメーカーから魅力的な営業トークで安易にアパート経営を始めるパターンがあります。2015年1月に始まった相続税の増税が原因。

 

今では相続対策として、アパート経営が脚光を浴び、各地のいたるところで不動産投資ブームと化しています。

 

でも現実は、どうなの?

 

駅から遠い、スーパーがない、交通・生活に便利ではない地域で、既存のアパート群や真新しい賃貸物件の数々があるにも関わらず、更にこれからアパート経営を始めようとする方もいます。

 

狂気の沙汰」としか言えません。

 

アパート経営の現場では、入居者の争奪戦が始まっているのです。入居者が乏しい・いないのに、どうやって入居者を確保するのですか?

 

ハウスメーカーの30年一括借上げやサブリース会社の長期家賃保証を鵜呑みにして信用してはいけない。

 

入居者がいないのに、どうやって家賃保証するのですか?そこには、ハウスメーカーのビジネスモデルと経営戦略「損をしないカラクリ・仕組み」があるからです。

 

安易に大家さんデビューすれば、相続対策どころか、大赤字で「土地と建物を失い」、最悪自己破産することもあります。とくに正常な判断ができない高齢者の方は、現実が見えない・理解できないので要注意しなければなりません。

 

アパート経営環境は、少ないパイを奪い合う下り坂の非常に厳しい状況。

 

既に空室問題が顕著に表れており、これから10年後20年後に、「破綻する大家さん」が社会問題化する事が容易に想像できます。

 

不動産投資の世界では、「無知は悪」なのです。

 

知らないと本当に喰われます。

 

憎悪を感じる事もあります。

 

この気持ちや思いは不動産投資をしている方であれば、身に染みてわかることです。

 

公開できないような、数々の不動産投資の失敗を経験しています。手軽に始められる不動産投資の裏には、必ずリスクが潜むのです。

 

不動産投資に興味があるサラリーマンや初心者の方は、アパート経営を安易に始めてはいけない。少しでも安全に始めることができる「危険を回避するアドバイス」ができれば嬉しいばかりです。

スポンサーリンク

ハイブッド賃貸経営が成功の鍵

このブログは、不動産投資に興味があり、これからアパート経営・マンション経営・戸建・区分等の賃貸経営にチャレンジし、資産形成を築きたい方に向けたサイトです。

 

そして、普通のサラリーマンが実現している「極力お金をかけない!低コストでのハイブッド賃貸経営」をお伝えすることがメインとなっています。

 

巷にあふれる、高属性で年収の高いお金持ちが、大規模のRC物件等をフルローンで購入し、全て業者へ丸投げをする戦略とは違います。

 

フルローンは、一概に駄目とは言っていません。

 

要は条件次第、物件の状況(価格、築年、構造、間取り、設備、リフォーム、修繕、土地・建物金額など)と融資期間・金利・固定変動、周辺環境、競争力、立地、税金、管理業者など、どれか一つ優れていても賃貸経営は難しく、総合的に判断しなければなりません。

 

ゼロから始める何も持たざる者が、不動産投資をするには、工夫を凝らして時間と体力を使わなければなりません。

 

全てオートメーション化して、不動産業者に丸投げしている方もいますが、中には赤字を垂れ流すだけで、「何のためにやっているのかわからない・損しかしていない」失敗と言わざるを得ない方もいます。

 

自分自身がオーナーとして、自覚ある企業経営をしなければ、この供給過剰でライバルだらけの厳しい賃貸経営は乗り越えられません。

 

他人任せにせずが「コスト意識を徹底し、業者さんと緻密な関係」を築いた経営をすることが成功の可否を決めるキーポイントです。

 

「事件は現場で起きている!」ことを念頭において行動する事も大切。経営者自ら先頭に立ち、行動力を持って協力会社とチームワークを組んで挑む姿勢が非常に重要です

 

不動産投資の根底にあるもの

人が生活をするために必要不可欠なものとして、「衣・食・住」があります。その中で住環境を提供するのが、大家さんの勤めです。ただ住居という箱だけを提供するのでは決してありません。

 

大家さんとして、入居者さんがそこに住まい生活をし、喜怒哀楽に満ちた人生の一部を送る、大変有意義なものとなるのです。

 

不動産投資を始めた当初は、正直なところ、そういう思いは欠けていました。

 

しかし大家業を長年やっていれば、投資一辺倒から始まった賃貸経営に、段々と「意識の変化」が自然と芽生えて来るのです。

 

 

そうは言っても、不動案投資は「投資」という、金銭的見返りを追求しているイメージしかないでしょう。大家さんは家賃収入が入って、「いいなぁ、、、」と思われるかも知れません。

 

しかし、大きな借金を背負うリスクも勿論あるのです。一歩間違えれば自己破産というデスロード

 

家賃収入を得て賃貸経営をする、「金銭的・体力的・精神的」負担やリスクは、世間一般的には認知されていません。「設備等の不具合から家賃滞納」など、様々なトラブルや問題解決の対応を始め、気が気ではないこともあります。

 

当事者になってみないと分からないのです。

 

 

人に住居の提供という価値を与えて、家賃収入を得る事は、まったく悪い事ではありません。住居がなければ人は生きていく事も出来ません。当たり前のように存在する賃貸物件を、大家さんが提供することが必要不可欠なのです。

 

アパートやマンション等の賃貸物件は沢山ありますが、心から喜んで頂けるような住環境の提供に取り組むことが大家さんの務めだと実感します。

 

賃貸物件へ掃除に行けば、入居者様と出会い「おはようございますと会釈をすることもあります」し、日頃のお礼や贈答品等を頂く事もあります。

 

そんな時、入居者様がここで人生の一部を歩んで頂いている事による「何とも言えない嬉しい気持ち」で心が満たされることもあります。

 

若い入居者様に至っては、親心的な感情もあります。

 

これは大家さんをやってみないと分からない。

 

退去の際には、お礼の言葉やメールでのやり取りで、「大変お世話になりました」と顔文字付でメッセージを頂くこともあります。満足に生活を送れたことによる感謝の気持ちは、大家冥利に尽きるばかりです。

 

入居者様の満足度は、なかなか確認する事ができませんが、人に住環境の提供が出来る事は素晴らしい有意義のあること。

 

大家業は、住環境の価値ある提供、そしてクリーニングを始めリフォームや修繕などの雇用の創出、社会貢献と自分の成長にも役に立つ仕事だと実感します。

 

目指す世界

賃貸経営は楽に運営出来るという間違った認識を変えてもらいたい

 

人に価値ある住環境を提供し、快適に過ごして貰う事。

 

そして賃貸物件に関わる入居者様を始め、関係業者様、社会の地域貢献に努めたい願いがあります。このブログが少しでも多くの方に役に立てられることになれば幸いです。長文を読んで頂き誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

不動産投資で資産を形成する方法

1

不動産投資をすれば「誰でも簡単に楽して儲かる」と思っていませんか?それは大きな間違いで、安易に不動産投資を始めた素人が、失敗と破綻で泣きを見ている事例が沢山あります。危険な不動産投資をすれば「儲からな ...

2

不動産投資のメリットデメリットを理解し、机上の知識を得たとしても「百聞は一見にしかず」的なところがあります。また実際に行動に移さなければ意味がありません。   一番難しいことは「行動に移せな ...

3

不動産投資の始め方として、一連の流れと手順を紹介させて頂きます。   その前に出来るだけ失敗だけは避けて頂きたいために、「サブリースで全て他人任せ」「覚悟がない方」「楽して儲けたい方」「相続 ...

投稿日:2014年1月1日 更新日:

執筆者:横浜大家


  1. n.fukui より:

    素晴らしい!
    頑張ってください!
    私も頑張ります!

    • wpmaster より:

      大変ありがたいお言葉、いちサラリーマン大家としてありがたい限りです。
      参考になる記事を提供出来るよう心がけます。(^-^)

  2. 須藤丈人 より:

    横浜大家様

    お世話になります。
    サンワード貿易㈱須藤と申します。

    突然のメールにて大変恐縮ですが、
    横浜大家様にご質問がございます。

    弊社はFX(くりっく365)と商品先物取引を扱っている会社ですが、
    セミナー講師をお願いすることはできますでしょうか?

    下記のようなスケジュールのセミナーで
    講演料3万円~7万円で受けていただくことは可能でしょうか?

    不躾なご質問かとは存じますが、可能であればご検討頂ければと存じます。

    ・1時間の横浜大家様のご講演
    ・30分程度のお客様との懇親会(開場にての質疑応答)
    拘束時間は約3時間になります。

    以上になります。
    ご検討の程何卒宜しくお願い致します。

    サンワード貿易㈱
    営業企画部 須藤丈人
    東京都新宿区下宮比町3-2

    03-3260-0261(直通)

  3. nozzy より:

    横浜大家さん、私はあなたのブログを楽しみにしてよんでいます、勉強になります、
    本気度が違います 大変な環境に身を置かれているから文章が本気で内容が濃いいです 私ももっと勉強していい物件が買えるように頑張ります、お身体ご自愛下さいね

    • 横浜大家 より:

      nozzy様へ

      コメントを頂きありがとうございます。
      その一言がサラリーマン大家にとって、なによりの至福の言葉です。
      不動産投資にチャレンジしたい方のため、役に立つより良い記事をブログにアップできるよう努めます。
      賃貸経営はかかれこれ約98%以上を維持していますので、お役に立てるような記事配信を提供できれば幸いです。

      横浜大家より

  4. taiki より:

    いつも拝見させてもらっています。
    じつは私、ライターですが雑誌の取材をお願いしたいと考えております。
    唐突にこんな内容をこちらに申し訳ありません。
    お手数ですが、ご連絡いただければ詳細ご連絡いたします。
    なにとぞよろしくお願いいたします。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© 目指せ経済的自由!サラリーマン大家に学ぶ不動産投資の始め方 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.