目指せ経済的自由!サラリーマン大家に学ぶ不動産投資の始め方

【不動産投資で資産を構築した横浜大家のブログ】初心者サラリーマンでも失敗しない不動産投資とアパート経営の始め方をお伝えします

不動産業界

不動産業界の魅力4選!働くやりがいに結びつくもの

投稿日:2019年4月28日 更新日:

不動産業界で働く上で知っておきたい仕事の魅力。

 

一般的に華やかで大きなお金を動かすイメージがある不動産業界ですが、実際のところどうか気になる人も多いのではないでしょうか。

 

大手の不動産業界で約10年勤務した営業マンから「不動産業界の仕事の魅力ややりがい」などをご紹介します。

スポンサーリンク

不動産業界の魅力1 他業種よりも業界全体の安定性が高い

不動産業界は衣食住の一角を担う業界ということもあり、他業種と比べても業種としての安定性は高いことが魅力のひとつです。

 

特に大手不動産会社は企業規模が大きく、安定性も比較的高いとされています。そのため、就活生の中でも志望者が多く、業種として人気が高い傾向にあります。

また、事業内容や規模を問わず、比較的年中募集が多いのも共通しています。

 

就職後、同業種への転職もしやすい傾向にあるのも、不動産業界ならではのメリットといえるでしょう。営業職であれば未経験や専門知識がない状態でも採用のチャンスがあり、異業種からの転職も視野に入れやすいです。

 

不動産業界の魅力2 月100万円以上も夢じゃない

不動産業界が華やかなイメージがあるのは、給与形態が基本給+歩合制の場合が多いからかもしれません。

実際、歩合制を含む給与だと、人によっては月給100万円以上、年収1000万円以上を稼ぐケースも。成果を上げれば上げるほど毎月のたくさんの給料がもらえることになるので、人によっては高級車や高級腕時計を購入できるようになるかもしれません。

 

もちろん、稼げない月は基本給のみの給料になるので、アップダウンは激しい業界です。

ですが、取引額の大きな商談をまとめたときは達成感も大きいものです。大きな金額を扱うようになると自分の仕事の自信にもつながっていくでしょう。

 

年齢や経験に関わらず、若くても実力があればどんどん収入アップや昇進、昇格のチャンスを得られることも、不動産業界で働くやりがいや魅力といえます。

スポンサーリンク

不動産業界の魅力3 様々な業種で経験が役に立つ

不動産業界は、多彩な仕事内容が選べることも魅力のひとつと考えられます。

 

一般的には賃貸・売買の仲介や販売に携わることが多いですが、会社によっては企画開発や投資、コンサルティング事業、不動産管理事業やバックヤードの仕事などに関われる可能性もあるからです。

 

顧客対象も個人、法人それぞれで、扱う不動産も住宅以外に土地、ビルなど多種多様です。

例えば同業種間で転職をした場合、幅広い知識や経験を積むこともできるでしょう。積極的に勉強をすればもちろん、そうでなくとも自然と仕事を通じてさまざまな専門知識を得られるのもメリットです。

 

将来自分が家を購入する場合や、投資を検討する場合にも仕事で得た知識は役立つでしょう。

 

筆者も不動産会社に勤務したからこそ、物件を見る目や住宅ローン、あるいは将来の投資に向けてのエリア調査など、役立つ情報を数多く仕入れることができました。

 

その他、大手デベロッパーは街づくりや大型のプロジェクトに関わることも多いです。中には海外に進出する企業もあるので、自分の可能性を最大限試すことができるかもしれません。

 

不動産業界にはこんな仕事があります。
不動産業界の一般的な仕事内容とは?働いて分かった業務と役立つ資格

不動産業界の魅力4 人と人との繋がりを感じる事が出来る

たくさんの人に出会えること、それも不動産業界で働く魅力です。

 

筆者も仲介を扱う不動産会社で最初に配属されたのは店舗窓口の営業職でしたが、実にさまざまな人と出会いました。

お客様それぞれにニーズが異なり、希望に見合った物件を探し、気に入ってもらって喜んでもらえると何よりもやりがいに感じました。

 

いいときばかりではありませんでしたが、時折いただく感謝の言葉によって「また頑張ろう」という気持ちになれます。社員の中には長く一つの店舗に勤めるケースもありますが、その土地自体に愛着がわき、道やお店など隅々まで地域の情報を網羅するような社員もいました。

 

筆者は賃貸の仲介を行っていましたが、戸建てやマンションの売買を行っている不動産会社の場合は一層深く付き合うことになるでしょう。お客様にとっても一生に一度の大きな買い物をすることが多いからです。

スポンサーリンク

まとめ

不動産業界がどんな魅力を持っているかというのは、人によってさまざまな意見がありますが、業界全体に共通するのは募集が常にあり、未経験でも飛び込みやすい業種というのがひとつです。

歩合制を導入しているケースも多いため、実力さえあれば年齢や経験に関係なく認めてもらうこともできるでしょう。

 

扱う不動産によっては、大きなお金を動かすこともあり、達成感ややりがいにもつながるはずです。仕事内容が多岐にわたる不動産業界ですが、その分幅広い知識やスキルを得ることもできるでしょう。仕事で得た知識は、将来の自分への投資にもなることもあります。

 

何より、お客様一人ひとりとの出会いは一期一会。

時には長く付き合うお客様になったり、紹介から紹介を生むような関係になることもあるでしょう。意欲をもって動き、それが成果にもつながるほど、自分への還元も大きくなるのが、不動産業界で働く魅力、やりがいといえます。

 

不動産業界には、意外なメリットやデメリットもあります。

不動産業界に転職するメリット・デメリット

スマホのみ記事下1 



不動産投資で資産を形成する方法

1

不動産投資をすれば「誰でも簡単に楽して儲かる」と思っていませんか?それは大きな間違いです。安易に不動産投資を始めた初心者が、失敗と破綻で泣きを見ている事例が沢山あります。危険な不動産投資をすれば「儲か ...

2

不動産投資のメリットデメリットを理解し、机上の知識を得たとしても「百聞は一見にしかず」的なところがあります。また実際に行動に移さなければ意味がありません。   一番難しいことは「行動に移せな ...

3

不動産投資の始め方として、一連の流れと手順を紹介させて頂きます。   その前に不動産投資で失敗だけは避けて頂きたいために「業者任せで不労所得!」「覚悟がない方」「楽して儲けたい!」「相続対策 ...

-不動産業界

Copyright© 目指せ経済的自由!サラリーマン大家に学ぶ不動産投資の始め方 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.