2年で資産1億!サラリーマン大家に学ぶ不動産投資の始め方

【不動産投資歴2年で資産1億円を生み出した横浜大家のブログ】初心者サラリーマンでも失敗しない不動産投資とアパート経営の始め方をお伝えします

融資対策

不動産投資は融資が全て!アパート経営に積極的に融資をする【金融機関一覧】

投稿日:2015年5月23日 更新日:

サラリーマン大家として不動産投資で一棟物アパートやマンションの収益物件を購入するためには、全額自己資金で賄える方以外、金融機関から融資を受けなければなりません。
スポンサーリンク

 

大多数のサラリーマン大家さんは、金融機関から自己資金をある程度(10%・20%等)入れ物件を購入します。

 

また一部のサラリーマン大家さんは、諸費用込みの全額融資であるフルローンで、1棟物アパートやマンションを購入する方もいます。

 

不動産投資の最大の魅力は、少ない自己資金でレバレッジを効かせた投資ができることです。

 

 

不動産投資で融資をする銀行員はいませんので、

賃貸経営(事業)で融資をする金融機関一覧をまとめます。

 

1 都市銀行

三菱東京UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行りそな銀行埼玉りそな銀行など

2015y05m23d_170318806

 

2 地方銀行

横浜銀行静岡銀行千葉銀行スルガ銀行筑波銀行京葉銀行関西アーバン銀行みなと銀行大東銀行東邦銀行十六銀行北陸銀行第三銀行福岡銀行など

 

3 信託銀行

三菱UFJ信託銀行三井住友信託銀行みずほ信託銀行SMBC信託銀行など

 

4 信用金庫

かながわ信用金庫湘南信用金庫など、その他多数(^_^;)

 

 

5 商工組合中央金庫

n_img_mv03

 

6 日本政策金融公庫

ci-header

 

等の金融機関が、1棟物アパートやマンションに融資をしています。

 

しかしながら金融機関の賃貸経営に対する融資状況は、刻一刻と変わりますので、いつまでもチャンスの窓が開いているとは限りません。

 

金融機関から融資が出るから、この物件は「認められた。銀行からお墨付きをもらった。」と感じてしまう事もあるかもしれませんが、賃貸経営が軌道に乗るかは別物であり、大家力としての知識と努力が試されます。

 

不動産投資は物件を購入してからが本番、楽しいこともありますし、苦しいことも多々あります。

孤独な賃貸経営、試練の連続です。(^_^;)

 

賃貸経営(事業)に関する融資は、個人の属性や資産背景、物件力により可否がありますので 、将来のライフプランに合わせた規模のアパートやマンションを、購入することをお勧め致します。

 

年収500万以内で不動産投資に活用できる金融機関一覧

スポンサーリンク

不動産投資で資産を形成する方法

1

  不動産投資は地主や資産家がするもので、多額の融資が必要なこともあり、敷居も高く「自分にもできるのか?」というイメージもあるのではないでしょうか?   購入金額も一般的な小ぶりの ...

2

  不動産投資のメリットデメリットを理解し、机上の知識を得たとしても「百聞は一見にしかず」的なところがあります。   実際に行動に移さなければ意味がありません。   一番 ...

3

  不動産投資の始め方として、一連の流れと手順を紹介させて頂きます。   その前に絶対に失敗だけは避けて頂きたいために、「覚悟がない方」・「相続対策でのアパート経営」を検討している ...

-融資対策

Copyright© 2年で資産1億!サラリーマン大家に学ぶ不動産投資の始め方 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.