目指せ経済的自由!サラリーマン大家に学ぶ不動産投資の始め方

【不動産投資で資産を構築した横浜大家のブログ】初心者サラリーマンでも失敗しない不動産投資とアパート経営の始め方をお伝えします

融資対策

不動産投資に激震!アパート経営はもう出来ない!?

投稿日:2015年12月2日 更新日:

44b7e8dbe32ce0a38ca389f52af54d27_s

金なしコネなしスキルなし、なしなしづくしの平凡以下のサラリーマン(私)が資産を形成することが可能であった不動産投資が、金融庁の地方銀行の融資に対する監視強化により、アパート経営の参入障壁が上がる様相です。
スポンサーリンク

 

不動産向け融資が、バブル絶頂期の10兆円以上(2014年度)

 

地方銀行の監視強化になりました!

 

以前にも警鐘を鳴らしていましたが、まんざらでもなかったのですね(汗)

 

不動産投資ブーム終焉!?融資が出ない!?

 

金融庁が地方銀行の不動産向け融資に監視を光らせれば、おのずと不動産投資に対する融資は今後一層厳しさを増すのは必然的で、そうそう簡単には融資が引けなくなる可能性は十分にあります。

 

今までのジャブジャブの融資自体が、おかしいですから本来の姿に戻るだけです。

 

日銀の統計によると、不動産向け融資が高水準にあり

 

 

銀行 10兆円以上

大手の銀行では、都心物件の融資が多く大規模な再開発や不動産投資信託(REIT)が大多数を占め、一部の大金持ちの地主や資産家、事業家等に融資をする傾向にあります。

130595

 

信用金庫 2兆1002億円

地元に根付いた信用金庫は、地元の地主や個人、サラリーマン大家等に対して、中小の不動産向け融資を積極的に行っています。

 

 

金融機関からの不動産向け融資が増加の傾向は、皆さんの地元のあちこちにハウスメーカーの賃貸アパートが建築されまくった、相続対策が背景にあります。

 

あんな立派なアパートが建築されると、いまいちぱっとしない、普通のみすぼらしい物件を持っていると本当に厳しい!

082245

あちこちに新築アパートやマンションが乱立されるように建築され、賃貸需要と供給に大きな影響を与え、今後も鈍化はするかもしれませんが、引き続き相続対策として建築されると予想しています。

 

今後の地銀・信用金庫の不動産向け融資、動向に目が離せませんね。
スポンサーリンク







不動産投資で資産を形成する方法

1

  不動産投資は地主や資産家がするもので、多額の融資が必要なこともあり、敷居も高く「自分にもできるのか?」というイメージもあるのではないでしょうか?   購入金額も一般的な小ぶりの ...

2

  不動産投資のメリットデメリットを理解し、机上の知識を得たとしても「百聞は一見にしかず」的なところがあります。   実際に行動に移さなければ意味がありません。   一番 ...

3

  不動産投資の始め方として、一連の流れと手順を紹介させて頂きます。   その前に絶対に失敗だけは避けて頂きたいために、「覚悟がない方」・「相続対策でのアパート経営」を検討している ...

-融資対策

Copyright© 目指せ経済的自由!サラリーマン大家に学ぶ不動産投資の始め方 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.