目指せ経済的自由!サラリーマン大家に学ぶ不動産投資の始め方

【不動産投資で資産を構築した横浜大家のブログ】初心者サラリーマンでも失敗しない不動産投資とアパート経営の始め方をお伝えします

不動産投資

サラリーマンが買ってはいけないアパートの特徴!

投稿日:2016年2月3日 更新日:

88da9981c6d68a8ec9fc2ab2e9b5764d_s

サラリーマン大家として不動産投資を成功させるためには、積算評価の高い収益性のある物件をいかに安く購入できるかが重要ですが、とんでもないやばいアパート物件が世に出回っていたので紹介します。
スポンサーリンク

 

 

木造1棟アパート

価格7900万

利回り約8%

095754

所在地 神奈川県川崎市

構造 木造2階建て

敷地平米 約120平米

延床面積 約100平米

総戸数10戸

 

木造アパートの立地よし、価格もサラリーマンが購入できる価格帯、利回りはありきたりの8%等ですが、延床面積が、な・な・な・なんと

 

約100㎡で総戸数10戸

 

1戸あたり約10㎡

128464

これは賃貸経営を全く考えていない、「儲かれば良いと後先考えていない、不動産業者が建築をした物件」と思われます。

 

1戸あたり10㎡というのは、もはやねずみ小屋?

 

ハムスターでも飼うのかな、、、、、(汗)

 

よく一般的に16㎡~20㎡mの極小ワンルームを見かけますが、非常に狭く収益性も低いし、創意工夫してもあまり報われない物件です。

 

後は洗練された大家さんが、努力次第で経営を軌道にのせるしか術はないと感じます。

 

10㎡のワンルームを初心者の方が購入したら、賃貸経営が上手く回らず「こんなはずではなかった!やらなければよかった!」と言う事にもなりかねません。

 

中古極小ワンルームアパートですが、あまりにも部屋が狭すぎるので、売主が困り果てて売却しているものと予想します。

 

アパートの築年数は、新築に近い状態(汗)

 

「新築なのに何で売るの?」が物語っているのかなと感じます。

 

世間は空室戦国時代、アパマン物件は飽和しありあまっている状態で、20㎡以下でも賃貸経営に尽力しなければ運営は厳しいものですので、今の賃貸ニーズと逆行するような収益物件は、危険なものと考えます。
スポンサーリンク







不動産投資で資産を形成する方法

1

  不動産投資は地主や資産家がするもので、多額の融資が必要なこともあり、敷居も高く「自分にもできるのか?」というイメージもあるのではないでしょうか?   購入金額も一般的な小ぶりの ...

2

  不動産投資のメリットデメリットを理解し、机上の知識を得たとしても「百聞は一見にしかず」的なところがあります。   実際に行動に移さなければ意味がありません。   一番 ...

3

  不動産投資の始め方として、一連の流れと手順を紹介させて頂きます。   その前に絶対に失敗だけは避けて頂きたいために、「覚悟がない方」・「相続対策でのアパート経営」を検討している ...

-不動産投資

Copyright© 目指せ経済的自由!サラリーマン大家に学ぶ不動産投資の始め方 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.