目指せ経済的自由!サラリーマン大家に学ぶ不動産投資の始め方

【不動産投資で資産を構築した横浜大家のブログ】初心者サラリーマンでも失敗しない不動産投資とアパート経営の始め方をお伝えします

融資対策

不動産投資で一番低い融資の金利利率とは?

投稿日:2016年12月20日 更新日:

 

不動産投資でアパートやマンションを購入するためには、大抵の方は多額の現金を所有していませんので、金融機関から融資を受けてチャレンジしなければなりません。

 

サラリーマンの属性を利用し、低金利で融資が受けられれば首都圏などの資産性のある、低利回り物件も購入することが可能です。

スポンサーリンク

 

成功していると思われる大家さんのほとんどが、金融機関からかなり低い金利で融資を受けていることもあります。

 

賃貸経営の成功要因の一つに、大きな影響を与える調達金利は、出来るだけ低い金利で融資を受けなければなりません。

 

 

賃貸経営で一番安い金利を提供してくれる金融機関は、三大メガバンクです。

 

1 三菱東京UFJ銀行

 

2 三井住友銀行

 

3 みずほ銀行

 

 

一番低い調達金利の利率は、

 

0.5%以下、数パーセント台。

 

 

金利情勢のタイミング・資産背景がベストマッチングすれば可能。

 

勿論融資を受けようとする、不動産投資家の属性・資産背景・持込対象物件により提示される金利は変わります。

 

土台にのるのは、資産家・高属性・高年収、年収1000万円以上の方が目安です。

 

本人の社会的信用、年収、貯金額、株・金等の資産背景、収益物件のポテンシャルや積算評価・収益還元評価等を総合的に勘案して決定されます。

 

 

属性が良くて高収入にも関わらず、貯金がほとんどないのであれば、浪費家とみなされてマイナス評価に繋がります。

 

また融資担当者が低金利を提示できるように、銀行にとってもメリットのあるお客にならなければなりません。

 

新規の定期積立や定期預金の作成

 

クレジットカードの作成

 

お給料の振込先変更

 

金融商品の購入

 

保険の加入

スポンサーリンク

 

三大メガバンクから賃貸経営の融資を受ける事が出来れば、不動産投資拡大の原動力になります。

 

可能であれば非常に難易度は高いですが、アパート・マンション経営の融資が厳しいメガバンクから融資を受けること。

 

規模拡大をするためには、借りる順番がありますので間違えてはいけません。

 

戦略がない限り、いきなり高金利3.5%から4.5%のスルガさん、ノンバンク等から融資を受けていては、賃貸経営がいきずまってしまいます。

 

難易度の高い金融機関から徐々に下げていければベストです。

 

世間一般の不動産投資家やサラリーマン大家さんであれば、都市銀行・地方銀行から融資を受けるのが一般的で無難です。

 

そして借りやすい日本政策金融公庫も、不動産投資家にとって見逃せない金融機関のひとつです。

 

アパート経営に対する低金利融資と、不動産投資大ブームはいつまでも続きません。

 

チャンスの窓は何時までも開いてはいません。

 

アパート経営に積極的に融資をする【金融機関一覧】

スポンサーリンク







不動産投資で資産を形成する方法

1

  不動産投資は地主や資産家がするもので、多額の融資が必要なこともあり、敷居も高く「自分にもできるのか?」というイメージもあるのではないでしょうか?   購入金額も一般的な小ぶりの ...

2

  不動産投資のメリットデメリットを理解し、机上の知識を得たとしても「百聞は一見にしかず」的なところがあります。   実際に行動に移さなければ意味がありません。   一番 ...

3

  不動産投資の始め方として、一連の流れと手順を紹介させて頂きます。   その前に絶対に失敗だけは避けて頂きたいために、「覚悟がない方」・「相続対策でのアパート経営」を検討している ...

-融資対策

Copyright© 目指せ経済的自由!サラリーマン大家に学ぶ不動産投資の始め方 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.