目指せ経済的自由!サラリーマン大家に学ぶ不動産投資の始め方

【不動産投資で資産を構築した横浜大家のブログ】初心者サラリーマンでも失敗しない不動産投資とアパート経営の始め方をお伝えします

融資対策

以外!?アパートローンの融資を繰り上げ返済はしないほうが良い!?

投稿日:2016年12月31日 更新日:

b25b9c65442a98373cc98b9fe97a6d0a_s

賃貸経営の中で一番お金が掛かる費用は、金融機関から融資(借金)を受けている元金と利息の支払分になります。

 

スポンサーリンク

 

TVや雑誌では、住宅ローンは出来るだけ繰り上げ返済をしたほうが良いと言われますが、不動産投資に至っては投資家さんの戦略によってやり方は違います。

 

借金にも「良い借金と悪い借金がある」ので区別を付けるべきです。

 

借金の繰り上げ返済については、不動産投資家の戦略により2パターンに分かれます。

 

 

 

資産規模拡大を目指している不動産投資家

 

借金の繰り上げ返済をしてはいけない。

 

出来るだけ長期ロングに長い借り入れをして、融資期間を延ばし、元金の返済抑えるべきです。

 

そうすれば手持ちのキャッシュが厚みを増していきますので、次に融資を引く際に見せ金や資金の潤沢さをアピールできます。

 

手持ち資金がカツカツであれば、突発的な修繕費用が発生した際、対処できなくなる恐れもあります。

 

もちろんメリットとデメリットがありますので、目的によって使い分けなければなりません。

 

 

メリット

潤沢なキャッシュフローを貯める事が可能

 

次の物件購入に向けた頭金の準備、融資引き出しのための資金確保

 

デメット

元金返済スピードが遅い、借金が全然減らない

 

スルガスキームの高金利(3.5%・4.5%)融資であれば、元金が全然減らない上、金利負担が重くのしかかる

 

スポンサーリンク

 

物件を増やさない守りの不動産投資家

これ以上物件を増やす気はない、増やす必要もいないという方は、「積極的に繰り上げ返済をするべき」です。

 

メリット

総支払金額(金利)が減る

 

借金から早く解放され、精神的安定が得られる

 

 

デメリット

手持ち資金が目減りする

 

金融機関は繰り上げされると金利収入が減るので、返済してもらいたくない

 

 

 

繰り上げ返済をすべきかどうかは、不動産投資家さんの目的によって検討すべきです。

 

繰り上げ返済をするにしろ、賃貸経営には必要最低限の維持費・想定される突発的費用(修繕・リフォーム)が掛かる可能性がありますので、余裕を持った自己資金を確保しなければなりません。

 

ステップ3【不動産投資の始め方】

  不動産投資の始め方として、一連の流れと手順を紹介させて頂きます。   その前に絶対に失敗だけは避けて頂きたいために、「覚悟がない方」・「相続対策でのアパート経営」を検討している ...

続きを見る







不動産投資で資産を形成する方法

1

  不動産投資は地主や資産家がするもので、多額の融資が必要なこともあり、敷居も高く「自分にもできるのか?」というイメージもあるのではないでしょうか?   購入金額も一般的な小ぶりの ...

2

  不動産投資のメリットデメリットを理解し、机上の知識を得たとしても「百聞は一見にしかず」的なところがあります。   実際に行動に移さなければ意味がありません。   一番 ...

3

  不動産投資の始め方として、一連の流れと手順を紹介させて頂きます。   その前に絶対に失敗だけは避けて頂きたいために、「覚悟がない方」・「相続対策でのアパート経営」を検討している ...

-融資対策

Copyright© 目指せ経済的自由!サラリーマン大家に学ぶ不動産投資の始め方 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.