目指せ経済的自由!サラリーマン大家に学ぶ不動産投資の始め方

【不動産投資で資産を構築した横浜大家のブログ】初心者サラリーマンでも失敗しない不動産投資とアパート経営の始め方をお伝えします

リフォーム対策

リフォームで絶対に必要な事!アパート経営のリフォームは相見積もりが必要不可欠!

投稿日:2014年9月23日 更新日:

162728

アパートやマンション経営の中で大きな出費となるものが、大規模修繕やリフォームでです。

 

大規模修繕やリフォームは、大家として悩ましいところです。

 

規模によって全くこ異なりますが、外壁塗装で数百万、空室で十万単位のお金が必要になります。

 

スポンサーリンク

 

業者の出して来た見積もりが適正でなければ、

せっかくこつこつと蓄えてきた家賃収入も、いくらあっても足りません。

 

 

大家さんと業者との関係は、利益相反

 

 

良いチームワークを組んで賃貸経営をしたいところではありますが、中には心ない業者もいますので精査が必要です。

 

大家さんはお金を持っているイメージや、知識がないと思われているのでしょう。残念です。

 

 

そこで大規模修繕やリフォームで抑えておかなければならない、相見積もり。

 

最重要なことが、各社同じ条件で見積もりをださせること。

 

1 施工範囲(平米数)

 

2 使用部材・グレード、型番、数量

 

3 施工方法

 

 

出てきた相見積もりの総額に、目がいってしまいますが、一つ一つ項目ごとに細かくチェック

 

スポンサーリンク

 

工事範囲と単価(相場とかけ離れていないか)が適切なものか

 

商品や部材の型番や品番

 

工事期間の長短は?

 

諸経費(業者の儲けです!値引き対象に良く使われます。)

 

等を再確認しなければなりません。

 

 

そして、工事の中でも一番掛かることがある費用として、人件費と業者の儲けも要チェックです。

 

施主としては間違いなく施工してくれれば、少ない人数で短い工期が良いに決まっています。

 

 

総額から必要経費(材料・必要資機材・人件費)を引いたものが、業者の儲け。

 

そこを勘案して、相場観のある交渉をしてみるのも一つの手です。

 

 

間違っても、〇〇工事一式1,000,000円

だけの見積もりを出す業者は、論外であり避けなければなりません。

 

 

注意点として、相見積もりを取る際は、業者にはっきりと「相見積もりです。」と言っておくべきです。

 

業者も時間と労力・費用が掛かっていますので、マナーとして伝えるべきです。

 

そうしておけば、逆に変な見積もりを出すこともありません。

 

ステップ3【不動産投資の始め方】

  不動産投資の始め方として、一連の流れと手順を紹介させて頂きます。   その前に絶対に失敗だけは避けて頂きたいために、「覚悟がない方」・「相続対策でのアパート経営」を検討している ...

続きを見る







不動産投資で資産を形成する方法

1

  不動産投資は地主や資産家がするもので、多額の融資が必要なこともあり、敷居も高く「自分にもできるのか?」というイメージもあるのではないでしょうか?   購入金額も一般的な小ぶりの ...

2

  不動産投資のメリットデメリットを理解し、机上の知識を得たとしても「百聞は一見にしかず」的なところがあります。   実際に行動に移さなければ意味がありません。   一番 ...

3

  不動産投資の始め方として、一連の流れと手順を紹介させて頂きます。   その前に絶対に失敗だけは避けて頂きたいために、「覚悟がない方」・「相続対策でのアパート経営」を検討している ...

-リフォーム対策

Copyright© 目指せ経済的自由!サラリーマン大家に学ぶ不動産投資の始め方 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.