目指せ経済的自由!サラリーマン大家に学ぶ不動産投資の始め方

【不動産投資で資産を構築した横浜大家のブログ】初心者サラリーマンでも失敗しない不動産投資とアパート経営の始め方をお伝えします

不動産投資

アパート経営の空室対策はネットが決めて!賃貸物件は画像で決める時代!?

投稿日:2015年8月1日 更新日:

 

サラリーマン大家が不動産会社や賃貸仲介業者へ空室物件の仲介を依頼をした場合、不動産ポータルサイトで物件がどうの様に表示されているかが非常に重要です。

 

スポンサーリンク

 

一番重要なのが視覚から確認できる写真画像動画です。

 

文章だだけのイメージと違い、実際の部屋の中の間取りや空間、設備、雰囲気、色調、生活の動線が確認判断出来ますので、画像の見え具合や出来栄えは重要不可欠です。

 

洗練された不動産投資家さんは、プロのカメラマンも雇っています。

 

自分はそこまでの規模でもないし、現状でも運営できてますので検討段階ですが、何もやることがなく暇であればチャレンジしてみたいとも考えています。

 

賃貸仲介を依頼した場合、不動産ポータルサイトは必ず自分自身で確認しなければなりません。

 

確認をしなければ、概要(築年数、面積、間取り、交通機関等)、諸条件(家賃、管理費、敷金、礼金、更新料、駐車料等)や設備(バストイレ別、フローリング、エアコン、ガス、追い炊き、駐車場、駐輪場、オートロック等)が結構間違っていることが多々あるため、自分の所有する空室物件は必ず点検し修正して頂かなければなりません。

 

スポンサーリンク

 

賃貸物件を探されている方は、ネットから物件を検索し選定することが主流ですが、中には物件を直接見ないで契約する方もいるそうです。

 

 

現在の賃貸の部屋探し、物件選定の流れは、

 

1番 パソコンから賃貸物件を検索する

 

2番 スマートフォンから物件を検索する

 

3番 不動産会社、賃貸仲介業者に直接訪問し物件の選定

 

ネット(パソコン、スマホ)から情報源を得るのが主流ですが、「不動産会社へ直接訪問するアナログ層」も重要な客層です。

 

また「部屋探しのために訪問した不動産会社店舗数」は、首都圏で1・2店舗だそうです。

 

実際何回も不動産業者へ訪問するのは、結構めんどくさいですからね。

 

そして「部屋探しのために見学した物件数」は、2・3件が一番で、まったく「見学をしないで物件を契約する入居者層が約1割」もいるそうです。

 

物件を見ないで契約して、後々トラブルが起きそうですが、画像だけで大方部屋の雰囲気がわかるので、今の時流と思います。

 

これからますます賃貸物件の選定は、ネット主流の流れになり、画像や動画は、非常に重要なツールになりますので、必要な対策を講じなければならないと感じます。

 

ステップ1【不動産投資のイロハ】

不動産投資をすれば「誰でも簡単に楽して儲かる」と思っていませんか?それは大きな間違いです。安易に不動産投資を始めた初心者が、失敗と破綻で泣きを見ている事例が沢山あります。危険な不動産投資をすれば「儲か ...

続きを見る

スマホのみ記事下1 



不動産投資で資産を形成する方法

1

不動産投資をすれば「誰でも簡単に楽して儲かる」と思っていませんか?それは大きな間違いです。安易に不動産投資を始めた初心者が、失敗と破綻で泣きを見ている事例が沢山あります。危険な不動産投資をすれば「儲か ...

2

不動産投資のメリットデメリットを理解し、机上の知識を得たとしても「百聞は一見にしかず」的なところがあります。また実際に行動に移さなければ意味がありません。   一番難しいことは「行動に移せな ...

3

不動産投資の始め方として、一連の流れと手順を紹介させて頂きます。   その前に不動産投資で失敗だけは避けて頂きたいために「業者任せで不労所得!」「覚悟がない方」「楽して儲けたい!」「相続対策 ...

-不動産投資

Copyright© 目指せ経済的自由!サラリーマン大家に学ぶ不動産投資の始め方 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.